バイアグラの効果

バイアグラの効果に頼らない

 

勃起不全を患ってしまって泌尿器科医に行くと、まず問診が始まります。

 

その問診の内容はバイアグラを製造しているファイザー社柄、泌尿器科医に雛形が渡されていることが多く、多くの医師がそれを利用して診察を開始します。

 

その問診の内容次第で、バイアグラを処方するかどうかを医師が判断します。

 

まず、医師が処方をためらう患者さんの種類は、問診の結果で完全に勃起機能が破壊されていることがわかった人。

 

これらの人にはいくらバイアグラが勃起不全に効果があるといっても無理なのです。改善の見込みはありません。

 

後は心臓に病を持っている人や、硝酸塩の薬を常備服用している人などもバイアグラの効果の恩恵を受けることはできません。

 

質問の表現は医院によって違うかもしれませんが、ファイザーが推奨する問診の内容ですがポイントは4つあります。

 

貫通性、硬さ、維持力、満足度などの状態を調べるものです。

 

貫通力は、硬さと同じ意味かもしれませんが、パートナーに挿入する能力のことを指します。

 

もちろんある程度の硬さが必要なので、硬さも含めて転倒します。

 

次に維持力です。これは成功する際に勃起を継続することができる時間を指します。

 

早漏とはまた別の問題で、挿入中にも関わらず勃起が維持できないなどの症状が主となります。

 

最後に満足度です。満足度は性交がクライマックスに差し掛かり、射精に及ぶ名で二きちんと快感を得ることができているかどうかになります。

 

維持力とも重なる部分はありますが。満足度には性行為に関する興味がある替えどうかという部分も含まれています。

 

これらの評価を総合してバイアグラを処方するかどうかを医師が判断します。

 

もちろん患者の方から強くバイアグラを熱望すると、評価では即決できなくても、医師の処方する際の後押しにあることがあります。

 

勃起不全で泌尿器科医を訪れる人は、多くの場合が性行為に興味があり、勃起不戦を解消してまた性行使をしたいと考えている人ですので、医師もバイアグラを処方することには何らためらいがないことがほとんどです。

 

ただ、医師が懸念するのはバイアグラの効果に頼りすぎることによって、根本の原因を改善することなくバイアグラなしでは性行為ができなくなってしまってはいけない。

 

そうなってしまうと、永久に病院に通わなければいけなくなります。

 

そうなる前に、バイアグラの効果に頼らないでも勃起ができるようになることが本当は一番いいのです。